マイホーム 後悔しないために

もともと借家に住んでいましたが、そこが手狭となり、家屋も半分傾いている状態でした。

 

夫の年齢を考慮すると、ローンを組めるタイミングが最後だったため、意を決して家を建てることにしました。

 

最寄りの駅に比較的近い場所で65坪の土地を1300万で購入しました。建物はハウスメーカーにお願いをして2500万で建てました。今まで払っていた家賃とローンの返済額が、なるべく変わらないように3000万でお釣りが来るくらいを予想していたので、この合計金額には驚きましたが、その町の相場よりも安く建てられたようです。

 

家自体はとても満足していますが、実際に住んでみると、予定と違った作りになってしまったこともあり、もう少し色々なメーカーや工務店を見て回ったらよかったなと思っています。キッチンなど設備も簡単に替えられるものではないので、値段で決めずにお気に入りのメーカーのものを購入したらよかったかなとも思っています。

 

出典:家を建てる

 

そして、我が家は夫の親と同居をしています。新居に引っ越して、子どもが増えることは想定していましたが、義理の親との同居は想定していませんでしたので、他人同士の女二人が家の中を共有するのは難しいものだなと実感しています。これから家を建てられる方は、親との同居がないと分かっていても、万が一を想定した上手な間取りの組み方をおすすめします。

 

間取りといえば、こちらの意図がなかなか営業に伝わらず、結局自分たちで間取りを考えました。ノウハウのない素人が使った間取りなので、きちんと修正できる営業マンがいいかと思います。

 

そして、我が家は増税前の駆け込みで契約をしましたが、焦りは禁物です。急いで物件を探すと見落としが多くなり、かえって損をすることになってしまいます。一生に一度の大きな買い物なので、税金のことはひとまず考えず、じっくり家づくりを進めてください。

 

家づくりは夢が膨らみ、ついつい予算がオーバーしてしまいがちですが、住めば都です。家族で協力し合って素敵な住まいを手に入れてください。

とにかくいろいろな人の話を聞いて実際見に行くことが大切

坪数35坪、建物価格3400万円、土地価格4500万円でした。

 

家を買うと決心したタイミングは3人目の子供を妊娠した時です。

 

当時は社宅のマンションに住んでいましたが、4才と2才の子供が走り回ったり騒いだりしてご近所の方にご迷惑をかけていました。これからその上に赤ちゃんの泣き声が加わると思うと肩身が狭く、さらにご迷惑をおかけしてしまうのではと気にしすぎて疲れてしまいました。

 

また部屋が狭くて将来子供たちに一人一部屋与えられないのも戸建てに引っ越したいと思うきっかけになりました。1番上の子の小学校入学のタイミングに合わせて家が完成するように計画を立てました。

 

出典:一戸建て土地探し

 

家を購入するにあたって知識が全くなかったので、まず始めに近くの住宅展示場に行き、ハウスメーカーを見学しました。勉強不足で家はハウスメーカーで建てる物だと思っていましたが、調べていくうちに自然素材の家があることを知り、大変興味をもちました。そして自然素材の家を売りにしている工務店に相談しに行きました。

 

とても魅力的で契約寸前までいったのですが、たまたま設計事務所で家を建てたばかりの友人と話す機会があり、写真を見せてもらうとオシャレな外観に完全に心奪われてしまい、せっかく注文住宅で建てるならデザイン性の高いオシャレな家がいいと考えが変わりました。

 

さらにいろいろ調べていくうちに自然素材のオシャレな家を建てられる設計事務所があることを知り、結局そこでお願いすることになりました。
上の子の入学までにまだ期間があったので土地探しと並行して完成見学会に50回ほど行きました。だいたいの予算とイメージができるようになったので価格は想定内でおさまりました。

 

土地と建物を合わせて8000万円は絶対越えないようにという予算を組み、最終的には7900万円で建てることができました。

 

全く知識がない状態で始めた家作りですが、親や家を建てた経験者、家作りのプロの方、とにかくいろいろな方の意見を聞き、また実際見に行きたくさん勉強したのでとても満足のいく家を建てることができました。

 

今では3人目の子供も走り回る年齢になりました。周りを気にすることなく伸び伸びと子育てできることが一番嬉しいです。